車査定を無記名で行う方法

車査定を無記名で行う事が出来るサイト

車査定を無記名で手軽に出来るサイトはあるのだろうか?
相場を知りたいだけであれば、無記名で査定金額を知ることが出来ます。

 

色々なディーラーのサイトに行くと概算の価格は出ます。
しかし、実際はどうかというと、ただ単なるディーラーの相場ですから実際の売却価格とは大きく差が出ます。
ディーラーの相場と中古車の相場は違うのです。

 

それでは、無記名で実際の中古車相場に近い金額を知るにはどうしたら良いのでしょうか?

 

まずは、カーセンサーに行ってみてください。
▽▽ カーセンサーの公式サイト ▽▽
http://www.carsensor.net/

 

カーセンサーに訪れてページが表示されたら、一番下までスクロールしてみてください。
ここに下記のような画面があります。

 

 

 

ここで車種を選んで、進んでいくと下記のように出ます。

 

 

 

カーセンサーは、中古車情報の雑誌を販売しており、全国の中古車販売店とのネットワークを持っています。
そのデーターを元にしていますので、ただ単なる相場よりも一歩進んだ情報が手に入ります。

 


無記名の査定や相場で満足が出来ないけど、不安のある方へ

車査定の無記名での金額や相場はわかった、だけどもっと正確に知りたいし、場合によっては実際に売りたいと考えている方

 

ただ、交渉の自信が無いと、1件の車買取店では高く売れません。
誰しもがいう事ですが、これは本当にそうなのです。
では、どうしたらいいかというと、たくさんの業者を競争して高値を出してもらうために一括査定を使います。

 

だけど、一括査定は利用すると電話がじゃんじゃんとなるのでしょ?
そんな風に思う方も多いでしょう。

 

実際に一括査定を使うと電話はじゃんじゃん鳴りますか?

はい、残念ながらじゃんじゃん鳴る事になります。恐ろしいくらいに・・・

 

では、電話が鳴らない方法はあるのでしょうか?

 

通常は、営業時間外であれば、その日は電話は来ません。
21時以降は大丈夫です。
でも、次の日にじゃんじゃん来ます。

 

電話を来なくする方法があります。
実は、この方法もカーセンサーなのです。

 

カーセンサーの査定画面を見てみましょう。

 

 

入力を進めた画面ですが、ここに「メールOK」とあります。
つまり、メールでのやり取りが可能な業者なのです。
そして、下記赤枠の部分「連絡可能時間帯」にメールでの連絡希望と記載すれば大丈夫です。

 

 

 

このようなシステムで、利用する人に安心な一括査定サイトは実はカーセンサーだけなのです。
そして、サイト自体の情報量も満載ですし、無記名の相場も知る事が出来ます。

 

 是非カーセンサーを訪れてみてください

 

 

 

 カーセンサー以外の人気査定サイトはどこ? 
車一括査定サイトの紹介(かんたん査定・ズバット・カーセンサーのまとめ)

 

車一括査定サイトには、色々ありますが、人気があるのが、かんたん査定ガイド、ズバット車買取比較、カーセンサーなどです。

 

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較は、愛車を高く売りたい人から好評で、1回の情報入力で複数の業者から査定を依頼することができ、買取金額の比較が簡単にできると評判です。

 

また、中古車買取相場の動向や、車買取に関する最新ニュース、基礎知識、賢い車の乗り替え方、上手な車買取業者の選び方など、豊富なコンテンツがあり、利用用途は高いです。

 

カーセンサー

カーセンサーは、車一括査定サイトの中でも定評があり、人気車のランキング情報なども満載されていて、車の情報源としても充実しています。

 

カーセンサーで色々な買取業者に査定依頼を出せば、大体の相場は把握できるでしょう。

 

かんたん査定ガイド

かんたん査定ガイドは、株式会社エイチームが運営する査定サイトで、最大10社から査定依頼することができます。

優良企業の査定を受けることができるのが魅力で、入力項目が簡素化されています。

 

入力がとても簡単で、メーカー、車種名、年式、走行距離をプルダウンメニューから選択するだけで完了します。

 


車を取り巻く現状と車査定

エコが叫ばれる現代では、ライフスタイルの中に自家用車を必要としない生活の方法がスタンダードになりつつあると報道されることが多いです。

 

実際に車の売れ行きは頭打ちしているという統計も出ています。
しかし、実際に周りを見渡してみると、走っている車のほとんどが商業用の車、例えば社用車だったり公用車だったりするでしょうか。

 

いいえ。
そんなことはありません。
最近は若者を中心に車離れが進んでいるように言われているにしても、やはり車は私達の生活においてなくてはならない重要な輸送機器なのです。

 

特に地方ではその傾向は顕著です。
交通機関が十分に整備されているとは言えない地方では、車がなければ生活圏の中で普通の生活を行うことが不可能なところさえあるのです。

 

車がイマイチ若者に受けない理由として、車自体が高価であることや、車を所有しているというだけでお金がかかったりするという点が挙げられます。
維持費はともかく、車には保険や税金など、それ以外の品物を持つ場合とは違った費用がたくさんかかるのです。

 

そんな中で、できれば品質の高い車を安価で購入したいという人や、可能であれば自分の持っている車を良い価格で処分したいという人が出てくるのは当然です。
そうした場合、重要になってくるのが車査定です。

 

車査定は、査定を受けた車の市場価値を決定するための重要な作業です。
それは、単にその車の価格を決定するというだけでなく、車の持ち主がこれまで車を適切に維持してきたのかということも判断する重要な作業です。

 

売り手として車査定を受けるのであれば、できるだけ高い価格で査定してもらえることを望むものです。
であれば、その人は高額査定のためにすべきことが色々とあります。

 

また、車査定は実際にどのような流れで行われ、どういった点を確認しているのかということは車関連の仕事をしている人以外にはわからないものです。

 

実際にどのような観点から車査定が行われ、どのようにして車の査定額が決まるのか。
それを少しでも高いものにするにはどうすると良いのか。

 

今回は、車査定の全体的なシステムも含めて車査定とは何か。
受ける場合はどうすべきなのかを見ていくことにしましょう。

車査定の必要性

仕事の通勤や私生活に欠かせないものとしては車があります。
どのような車に乗るのかというのは、その人の行動範囲、用途、好みなどによって違うでしょうが、どのような車に乗っていても必ずいつかは手放す時がやってきます。
車の処分方法としては、友人・知人に売る、スクラップして廃車にする、最近ではネットオークションで個人売買するという方も増えてきています。
どのような方法であれ、できるだけ高く引き取ってもらいたいと思うものです。
高く売れるのはやはり仲介業者のいない個人売買ですが、個人売買だと名義変更などの手続きも手間がかかりますし、ましてや相手を知らないネットオークションでの取引となると、トラブルになる可能性が高くなります。
そのため、多少の中間マージンがかかろうとも業者に買取してもらうのが一番です。

 

車を買い取りしてもらう際にポイントとなるのが車査定です。
車査定とは、今の自分の車がどれくらいで買取してもらえるのかという価格になります。
車査定額を提示してもらい、その価格で納得した場合に売買契約が成立するという事になるのです。

 

ただ、車査定額はどこの業者でも同じという訳ではありません。
また同じ車種でも買取額が変わってきてしまいます。
そのため、自分の車の状態をしっかりと把握した上で最も高く買取してくれるところを選ぶ事が大切です。
最近では、ネット車査定もあり、車種や年式、走行距離を伝えるだけでどれくらいの価値があるのかを知ることもできます。
ただ、これはあくまでその車の状態を見たわけではありませんので、本当の車査定とは異なります。
本当の買取額を知るには実際の車を見て査定してもらわないといけません。

 

ただ、気をつけないといけないのは、買取業者には悪徳業者と言われるようなところもあります。
いくら車査定額が高くても、いろいろなトラブルに巻き込まれたり、結局車を安く手放す事になってしまうこともあります。
ですので、まずは車買取業者を見極める事が大切です。